blog カフェができるまで

カフェができるまで〜オープン直前編〜

投稿日:2018年2月12日 更新日:

ウニ子です。
ちょうど今から約1年前位になる頃、てんやわんや怒涛のオープン直前編です。

まずは、私が看板作り。糸鋸と呼ばれる上下に刃が動く機械で床材や壁に使った端材をカットしていきます。

もともと木製おもちゃ会社で働いた経験があるため、糸鋸が得意。

糸鋸でカットしたものをルーターで角をなくしラウンドをつけます。やわらかな印象に。

ウニモグのパーツも同じく。

ひたすらルーターで角を取り、サンダーでやすりがけをします。ウニモグは2セット分作成。

ウニモグのパーツをアクリル絵具で着彩!このアクリル絵の具、高校生〜大学生の美大受験で買い込んだもの。10年近く経っても固まらないで現役で絵具が使えます。感動。

壁に掛ける背景の木材ですが、事前にツーバイフォーを4つ接着したのち、円形状にカット。端材をひたすら使い節約&素人ができる最大限のクオリティを目指しました。

文字はアクリルで着彩したのち、防水スプレーで木部保護します。木目がいい感じに浮き出ますね♩

先ほどのパーツをここで接着、完成!写真下部に見える金具はこの看板を支える金具。こちらもこげ茶に着彩しました。

そのころ相方の氷川というと・・

おお!昇降盤でなにやら木材を縦挽きしていますね!実はこの昇降盤、木工機械の中でも最も危険な機械。
作業台に丸ノコがくっついて回転する機械なのですが、写真を見ての通り、刃が剥き出しで高速回転するというもの。少しでも回転する刃に当たったり巻こまれたりしたものなら指が一瞬にして吹き飛ぶという代物。この機械を使うときは本当に集中力を要す機械でもあります。氷川はこのとき初・テーブルソー。慎重に父とカットしてました。

先ほどテーブルソーで挽いた薄い木材は内装の角の目隠しに。こうすることでよりクオリティのある壁に!

父もトイレの最終工事!水洗トイレのため、地中に電気配線を埋め込みます。

壁は完全に雨漏りしないようにコーティング、屋根も白い屋根に張り替えてくれました!

なんといってもトイレのこだわりは屋根。スケルトンで外が見えるようになっているのです!
日差しをたっぷり浴びながらトイレをすることができるというこだわり。

おっと、作業の最中にはハプニングも。木材が壁に貫通してしまいました。運転は慎重に・・・。

がっつり穴が空いています。(2018年2月現在も未修復 笑)

親子でメニュー看板の組み立て。

すべて端材で作り、手作り感満載です。4月でも登山客は日に日に多くなっていき、急遽近日オープン予定の張り紙を設置。

オープンギリギリには氷川のママさんも助っ人に来てくれました!
氷川のママさんは掃除のプロフェッショナル。キッチンがみるみるうちにピカピカになっていきます。
まさにこのときは少数精鋭。誰一人欠けたらカフェは目標としていたゴールデンウィーク開店まで間に合わなかったなぁと思います。キッチンを磨く余裕がない私にとってママさん助っ人はかなり助かりました。。!

ルゥとたけしの散歩もお願いして・・。

内装ラストスパート!もともと和室の押入れだったところにクリームグリーン色の壁紙を貼りました!キモチ部屋が明るくなって雑貨屋さんの雰囲気がでるようになりました。

ビフォー

アフター!
これらの雑貨はすべてウニ子の趣味の小物たち。学生時代から海外でコツコツ集めたお土産たちです。チェスに至っては4つほどセットが置いてあります。オーナーの趣味の本(DIY関係)もあります。
そして中央にいる狸の剥製は貰い物。天狗のお面もいたりとなかなかカオスな空間に仕上がりました。
取り急ぎこのようなカオス雑貨をただ見せる(笑)という空間ですが、後々LOGMOGオリジナルの雑貨をこちらで設置・販売したいなぁと考えての空間作りでした。

ソファーと机、カフェらしくコーヒーの麻袋も設置完了!

カフェの敷地内に砂利も敷き、登山帰りのお客様も泥を気にせず敷地内を歩けるようにしました。

最後には暗くなってしまったのにもかかわらず看板を長梯子で氷川が設置。登山道から見えるところにつけて目立つように。

ジャジャーン。個人的にこの看板はかなりのお気に入り。半立体の木製看板で存在感ある仕上がりに。

なんとか無事、開店まで準備が整ったところで最終確認の保健所申請が待っています!
節約するところは節約しつつも、こだわるところには徹底的にこだわるオープン直前準備でした。
業者を一切入れず、開店資金をなるだけ抑えてオープンするというスタンスだったので、それなりにクオリティも至らぬところがあるかもしれませんが、お!ここよぉ作ったなぁ・・!というふうな目でカフェを見てくれたらこちらとしてはうれしい限りです。
自分たちでやれるところはやることで、自由度が増して急遽変更も可能。より愛着もわくってもんですね。
この一連の作業で、どうしてもできないとこは知人のできる人に任せ、自分でもできる限りトライしてみる。やったことがなくてもネットがある今なんでも業者を頼まずできるんだなと実感しました。ようは完璧主義にならない気持ち。完成形でカフェをオープンしたわけでなく、オープンしてからも次々と自分たちで漸進的にカフェをアップグレードする感じを楽しんでいるのです。

次回カフェをオープンするまで最終章・保健所編。水質検査であわや今までの苦労が水の泡・まさかの凡ミスを犯したウニ子をお楽しみに!♩

 

-blog, カフェができるまで

Copyright© LOGMOG cafe & shop , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.